医者

尿失禁は早めに相談と検査を行ない投薬か手術で治療

最新の機関で泌尿器検査

レディ

医療機関の中でも泌尿器科では様々な検査を行なっています。泌尿器は人体にとってとても大事な器官なので、細かく丁寧に調べてもらえる新宿の医療機関を選び受診すると安心です。

Read

悩まずに相談受診

看護師

尿や便などの排泄はある程度自分の意思で行なえるものですが、様々な原因でそれが困難になることがあります。加齢と共に筋肉や神経伝達機能の衰えでこうした排尿困難が起こりやすくなることが主な原因ですが、尿失禁は若い女性にも多い症状です。これは妊娠出産を機に骨盤底筋と呼ばれる筋肉がゆるくなるためです。自分で解決できる方法を紹介しているサイトも最近増えてきています。下半身の悩みの中でも、尿失禁は恥ずかしいと感じている人が多いので、受診や検査に消極的な人は少なくありません。尿失禁は自分の意に反して起こるため、それが恐くて周りとの付き合いや活動が減ってしまう人もいます。一人で悩まずに積極的に医療機関で治療を受けることが大事です。尿失禁にはいくつか種類があるので、自分に現れている症状をよく知り適切な治療を受けることが解決の近道になるでしょう。尿失禁は子宮頸がんや子宮筋腫などで子宮を摘出した場合も起こります。既に他の病で手術を受けている人や現在治療中の人は、掛かり付けの専門医に相談しましょう。現在進行中の病のため尿失禁になっているというケースでは、排尿障害や膀胱炎が原因になっているかもしれません。尿失禁に加えて痛みや残尿感がある場合は、そういった体の違和感や心配な点も併せて専門医に伝えましょう。早めに相談と検査を行なえば、投薬治療で治すことも可能です。投薬での治療が難しい場合は骨盤底筋を回復させるための手術が必要になります。

自覚症状のないケース

病院

泌尿器は明らかに自覚症状のある病と無自覚の病があります。無自覚の場合病の進行を防ぐことが難しいため、できれば定期的に埼玉などの泌尿器科で検査を受け必要であれば早めの治療を行った方が安心です。

Read

投薬治療で治せる性病

困る女性たち

梅毒は現在、若者から年配の人の間で再び流行っている性病です。抗生物質を使った治療方法があるため、昔のように恐れられなくなりましたが、そのままにしておくと確実に進行して取り返しのつかない事になりかねないので、早めに検査を受けましょう。

Read